中国物流事情

中国の物流はいまいち不便である。仕事上中国国内で物のやり取りをすることも多いが、その輸送方法は日本とはだいぶ異なる。基本的に送られた物は目的地の集配センターのようなところに届くが、自宅や事務所まで運んでほしい場合は最初にそういう契約をするか、荷物が付いたという連絡が入った時に頼んで運んでもらう。もちろん別料金だし結構高い。

さらに問題なのは荷物の取り扱いだ。お客さんの荷物を大切に扱うと言う気持ちは最初からないので、乱暴な取り扱いになる。どおりで中国初の荷物は梱包が厳重だ。荷物が途中でなくなることもしばしばである。中間業者がコストを削減するために運賃の安公共交通機関を利用して駅で手渡ししたりするので、どこでなくなったのかわからない。知り合いの会社も日系の会社をよく利用しているが、理由は安全確実だからだそうである。中国にいると日本の宅配システムは世界一だと感じる。