上海交通事情

危ない家族


上海だけでなく中国で目につくのは交通ルールを守らない人と車それにモーター付き自転車だ。
深圳では二輪車が規制されており、自動二輪と言えば交安のバイクくぐらいだが、上海では日本で言う原付とモータ付自転車が道路上、歩道を問わずいたるところを走っている。
歩行者優先の感覚はまったくなし。歩行者や二輪車は信号無視は当たり前、これでは事故も多い訳である。
はじめて上海を歩いた頃は、二輪車には交通法規が適用されないのかと思ったほどである。
この日も銀行に行った帰り路の交差点で、歩行者用信号が赤にもかかわらず車が行き交う道路上で話込んでいる家族がいた。
 
車は少しでも進路を妨害されたり渋滞があるとクラクションを鳴らすし騒がしい限りである。
警察官も交通整理をしないで日陰で携帯をいじっているし、潔癖な日本人としては「この国大丈夫?」である。